黒ずみ!油!フローリングの汚れ対策&予防テクニック

2021年05月20日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
エリア
日立市
ひたちなか市
水戸市
つくば市
土浦市
常陸太田市
かすみがうら市
東海村
牛久市
その他
キーワード
掃除
黒ずみ
除菌
素足
洗剤
油煙
油性
油分
汚れ
汚れ
水拭き
水分
くすみ
拭き掃除
原因
劣化
乾拭き
中性洗剤
ワックス
フローリング
スチームモップ
ほこり
つや
フローリングを綺麗に保つためのポイントは・・・

✔ 黒ずみやくすみの原因になる油汚れを落とす
✔ 汚れを溜めずに気が付いた時に拭き掃除をする
✔ ワックスをかけて予防する

木のぬくもりと見た目の美しさ、心地よい雰囲気で人気のフローリングですが、毎日の生活の中で少しずつ汚れが付き、黒ずみやしみ、くすみなどが目立ってきてしまいます。
楽に掃除し、汚れを防ぐためには、フローリングの汚れの種類と原因を知ることが大切です。

汚れの種類を見極めることで効果的な掃除の方法が分かり、簡単に綺麗にすることができます。
また、汚れないように予防することで、綺麗で清潔な状態をキープできるので気持ちよく過ごせます♪

汚れの種類と原因

掃除をしていてもいつの間にか黒ずみやしみ、くすみができて汚くなってしまうフローリングには、掃除機や雑巾を使った掃除では落としきれない、油性の汚れが蓄積しています。

夏になるとフローリングを素足で歩くのが気持ち良いですが、足の裏が床にべたべたと張り付くことがあります。
このべたべたは足の裏の皮脂で、フローリングに張り付いて黒ずみの原因になります


また、キッチン周辺には調理中の油が飛び散り、黒ずみの原因になります。
拭き掃除をしても取り切れない油分が床に蓄積し、ほこりと混じって頑固な汚れになっている場合があります。
調理中の油跳ねだけでなく、油煙が床に付くことも多く、フローリングの劣化の原因にもなるので早めの対処がおすすめです。

油性の頑固な汚れだけでなく、水分や食べこぼしなどもフローリングのワックスを劣化させ、黒ずみの原因になります。
水分は大敵で、フローリング材に染み込み黒く変色するだけでなく、素材自体を劣化させてしまうこともあるので水分や湿気にも気を配るようにしましょう。

布団を敷きっぱなしだったり、窓の下に結露で水滴が落ちたりするとカビが生えることがあります。
ワックス自体の劣化も、くすみや黒ずみの原因になり、保護効果も低下してきます。

しつこいフローリング汚れはこれで除去!

普段のフローリングの掃除には、掃除機やフローリング用のペーパーモップを使うことが多いと思いますが、しつこい汚れには、洗剤を使うことがポイントです。

足の裏の皮脂には住宅用洗剤を、食べこぼしや調理中の油跳ね、油煙などには食器用の中性洗剤を薄めて使うとさっぱりと落とすことができます。
洗剤を使って拭いた後には、水拭きと乾拭きをしっかりと行うことがポイントです。

カビが生えている場合には、アルコール系の除菌スプレーを吹きかけてすぐに良くふきとります。
漂白剤は素材にダメージを与えてしまったり、色が抜けてしまったりすることがあるので使わないようにしましょう。

フローリング全体を綺麗にしたい場合には、水2リットルに中性洗剤を小さじ1程度入れ、雑巾をかたく絞って拭いた後に、水拭きをすることがおすすめです。
広い面積の拭き掃除をする場合は、空気が乾燥している天気が良い日を選ぶとよいでしょう。

洗剤を使いたくない場合や、楽な方法でフローリングをさっぱりと綺麗にしたい人におすすめなのがスチームモップです。
高温のスチームが油分や汚れを溶かして落とし、水分もすぐに蒸発するので乾拭きもいりません。
除菌もできるので、赤ちゃんや小さい子供がいる家庭にもおすすめです。

掃除・ワックスを忘れずに!フローリングの汚れ予防

美しく、清潔なフローリングでいつも気持ちよく過ごすためには
汚れを溜めたり長時間放置したりせずに、こまめに掃除をすることが予防として効果的です。

黒ずみにならないうちに早めに綺麗にする方が、頑固な汚れが減るため労力も少なくて済みます。
スチームモップがあれば、気軽に油分を取り除き、除菌もできるので清潔さもキープすることができます。
食べ物や飲み物をこぼしてしまった時にもすぐに拭き取っておくことが大切です。

フローリングを綺麗に保つためには、ワックスを定期的にかけることも大切です。
ワックスが劣化していると汚れが染み込みやすく、傷も付きやすくなります。
定期的にワックスがけをすることが綺麗なフローリングをキープするためのポイントです。

季節の変わり目などに住宅用の洗剤を使って床を拭いてからワックスをかけると気持ちよく過ごすことができますが、
普段のお手入れとして、ワックス剤が入っているシートを月に2~3回程度利用することも簡単です。

床用ワックスは、つやを出して美しく見えるだけでなく床材を保護する役割もあるので、汚れが落ちやすくなり簡単に綺麗にできるというメリットがあります。

見た目の清潔感やあたたかみが魅力のフローリングで快適に過ごすためには、
黒ずみの原因になる水分や油分、ほこりなどをこまめに取り除き蓄積させないことがポイントです。

また、ワックスが薄くなったり劣化したりすると保護効果が低下して、
油分や水分が染み込みやすくなったり、つやが無くなってくすんで見えたりするので、定期的にワックスをかけることも大切なポイントです。

シーズンごとにワックスがけをすることをおすすめしますが、
普段のお手入れには蒸気が出るスチームモップやワックス入りのシートなども使うと簡単です!


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

日立リアルエステートパートナーズのリフォームで快適なおうち時間を作ってみませんか?
詳しくはこちらをご覧ください♪

☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:おそうじねこさん

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ