ハロウィン用レシピ特集!秋の味覚を使ってハロウィンスイーツを作ろう

2018年10月22日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
グルメ
エリア
日立市
ひたちなか市
水戸市
つくば市
土浦市
常陸太田市
かすみがうら市
東海村
牛久市
その他
キーワード
スイーツ
ハロウィン
レシピ
味覚
菓子
ハロウィンと言えばお菓子♪

お家でも定番のレシピにひと工夫して、秋の味覚を取り入れながら
ユニークなスイーツを作ってみませんか!?

最近では、クリスマスと並ぶほどの盛り上がりを見せるようになってきたハロウィン!

ハロウィンと言えば、「ジャック・オ・ランタン」「お化け」「ガイコツ」など、ちょっとユニークで鮮やかな色合いを思い浮かびますよね。

そこで、いつものお菓子に少し手を加えて、遊び心いっぱいのハロウィンスイーツを作ってみましょう!
アイデアを出し合って、親子で一緒に手作りするのもオススメです♪

工夫次第で素敵なハロウィンスイーツが作れる!

この時期、インターネットのレシピで人気ランキングの上位には、見た目が可愛く鮮やか、パッと見でハロウィンスイーツと分かるものが表示されています。

その中でも、「秋の味覚を取り入れつつ、そして見た目も面白い!」レシピは皆さんが真似してみたくなるポイントのようです。

どんなものを作ろうか悩んでいたり、初めての手作りでどこから手をつけていいか分からない、という場合は、まずはレシピ本などを参考にしてみると良いでしょう。

ポイントは、「お化け」や「かぼちゃ」などハロウィンらしいモチーフのピックやカップを使うこと栗などの秋の食材を取り入れることです。

はじめは、レシピに載っている作り方に少しアレンジを加えるのがお勧めです♪
失敗もしにくくなり、オリジナルのスイーツを作ることができますよ♪

かぼちゃのシフォンケーキ

少し手の込んだレシピに挑戦してみたい場合は、かぼちゃのシフォンケーキはいかがでしょうか!?

基本はシフォンケーキの作り方と一緒ですが、かぼちゃの甘みがあるので蜂蜜、粉糖は控えめに。
かぼちゃを裏ごししてペースト状にする手間がありますが、焼き上げたときの香ばしい香りと
野菜本来の甘みがあるので、子どもたちもぺろりと食べてしまいます♪
切り分けた時の断面の黄色がとても可愛いケーキですよ♪

お好みでホイップをお化けに見立ててチョコソースで顔を描いてみたり、
かぼちゃの種や星型に型抜きした皮を添えればぐっと手の込んだケーキになります。

一人一人に配れるように、イラストの描かれたカップに小分けにして焼くととても可愛らしくなり、
子どもたちにも喜ばれますよ♪

さらに、ココアクッキーを大雑把に砕いて生地に混ぜて焼くと、ゴツゴツとしたハロウィンらしい
ポップなケーキに仕上がります!

お化け風デザインのマロンクッキー

定番のクッキーにも色々なアレンジができますが、季節を感じられるように栗のペーストを入れてみましょう♪
あまり入れすぎると生地がまとまらないので、薄力粉とバランスを見ながら入れてください。
また、粉砂糖を使いますが、栗の甘さがあるので控えめでも大丈夫です。

アレンジで取り入れやすいのが、お化けのモチーフですよね♪
ちょっとおどけた愛嬌のあるお化けをクッキーにすると喜ばれるかも♪

ハロウィンスイーツアレンジのポイントは、子どもの目線になって考えることかも知れませんね♪

少しぐらい形がくずれていても、可愛らしく美味しいお菓子のおもてなしで
たくさんの笑顔が見られると思います!

レシピとにらめっこして出来上がりを想像しながら手作りするのは楽しいものですよ♪

面白いアイデアが浮かんだらぜひ実行してみましょう!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:ナノブンブン

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ