衛生を保ちたい!冷蔵庫の効率的なお掃除方法

2021年01月23日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
エリア
日立市
ひたちなか市
水戸市
つくば市
土浦市
常陸太田市
かすみがうら市
東海村
牛久市
その他
キーワード
冷蔵庫
効率
掃除
方法
活用
衛生
冷蔵庫の中の衛生状態を保つためには、正しい方法で庫内を定期的にメンテナンスすることが不可欠です。内部の掃除に役立つのは「クエン酸」と「重曹」です。

冷蔵庫は便利な家電品で、現代生活になくてはならない必需品です。
食べ物を保存する場所であるため、常に清潔な状態にすることを心がけておくことも重要です。

綺麗に掃除をするためには、汚れの種類ごとに適切な方法で対処する必要があります。
ここでは「クエン酸」や「重曹」などの台所にあるものを活用した、冷蔵庫の効率的な掃除方法について紹介します。

まずは庫内を空にする

冷蔵庫を清掃する場合、まずは中に入っているものをすべて取り出しましょう
ものが入った状態だと、その都度移動したり、隅の部分が掃除しにくかったりします。
トレイなども併せて取り出すことをお忘れなく。

!!注意!!
長時間、食べ物を外に出しておくと食べ物の品質が変化してしまいます。
夏場に掃除をする場合は、特に注意が必要です。できるだけ気温の低い日を選んだほうが、中に入っている食べ物への影響をより少なくできます。
一度に取り出さずに、掃除をする順番に従って取り出すことで、より短い時間で元の状態に保存することができます。
※中に入っていたものを保存するためにはクーラーボックスなどを活用するのも一つの方法です。

クエン酸で水垢を落とす!

冷蔵庫の場合、料理をしている最中に開け閉めすることも多いために、とくに付着しやすいのが水垢です。
水垢を除去するために適しているのは「クエン酸」を使用して掃除する方法です。
「クエン酸」を使って冷蔵庫を清掃する場合にまず作らなければいけないのは、
クエン酸を水で薄めた液体です。

水500ミリリットルに対して、小さじ2杯半ほどのクエン酸を混ぜ合わせて作ります。
できあがった液体をスポンジや布巾などにしっかりとしみこませて、冷蔵庫の内部の水垢がたまっている場所を掃除します。
水垢が強くこびりついているような場所は布巾にクエン酸入りの水を何度も繰り返し付け直しながら、時間をかけてじっくりと汚れを落としていきます。
水垢は取り出したトレイなどにも付着している場合があるために、同様にクエン酸入りの水をつけた布巾で綺麗に掃除します。

布巾などでは清掃しにくい細かい溝などは、要らなくなった歯ブラシを使用すると、内部の汚れを綺麗に落とすことができます。
冷蔵庫の外側もクエン酸入りの水をつけた布巾で綺麗にふき取るのも良いでしょう。

重曹で油汚れを落とす!

内部を綺麗にするためにもう一つ重要になるのが、油汚れをしっかりと落とすことです。
油汚れをしっかりと落とすために役立つのが「重曹」です。

重曹を水に溶かしたものを布巾やスポンジなどにつけて油汚れの付いている場所を清掃するだけです。
水500ミリリットルに対して、大さじ2杯半ほどの重曹を混ぜ合わせて作ります。
水のかわりに低めの温度のお湯を使用すれば、重曹が溶けやすくなるために、より効率よく掃除を始めることができます。

油汚れは庫内のさまざまな場所に付着している場合も多いために、隅の方までしっかりとふき取ることが重要です。
また水垢と同様に取り外したトレイに油汚れが付着していることも多いため、綺麗に汚れを落とす必要があります。油汚れの激しいところには水垢を落とす際に使用したクエン酸入りの水に重曹を混ぜ合わせるのも一つの方法です。

外側にも油汚れが付着している場合も多いため丁寧にふき取ります。
特に開閉する際に触る部分は油汚れも付きやすいので、こまめな清掃が必要です。

冷蔵庫は常に清潔にしておきたいですよね。
上記でご紹介した「クエン酸」と「重曹」を使い、定期的に効率よく清掃をしましょう!

キッチンのリフォームをお考えでしたら、日立リアルエステートパートナーズにお任せください!

ご家族との会話も弾む人気の対面キッチンにリフォームをして、楽しくお料理しませんか?
綺麗になった冷蔵庫にもピッタリなキッチンです(*^▽^*)
「改装+キッチン交換プラン」など、お得なプランもあります!
詳しくはこちらをご覧ください♪

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:クリーナー

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ