ほのかな香りを楽しむ「アロマストーン」
自宅やデスク、プレゼントにも!

2019年02月27日

 view

 

ジャンル
ライフスタイル
石粉(せきふん)ねんどでアロマストーンを作ろう♪

【費用と時間の目安】
工作費用:1,000円 
工作時間:30分(乾燥に1~2日)

どこでも手に入る道具でつくるお手軽&お気軽クラフト!
今回は…『石粉ねんど』でかわいいアロマストーンづくりに挑戦します。

<材料>

■石粉ねんど
■お好きな型
■お好きな飾り
■お好みの紐
■お好きな色のアクリル絵の具
■お好きな香りのフレグランスオイル
■型に塗る用のオイル
■やすり
■はさみ
■接着剤
など

紙粘土よりも目が細かく、乾くと丈夫な「石粉ねんど」
乾いてからナイフなどで削ったりもでき、細かな造形に向いているのでフィギュアやドールづくりにも人気です。

今回は、この石粉ねんどを使ってとっても簡単なアロマストーンに挑戦します

アロマストーンは、フレグランスオイルをしみこませて使う芳香剤。ほのかな香りで、デスクや玄関はもちろん車の中など様々な場所で使え、持ち運びにも便利。プレゼントにも喜ばれます

<Let’s 工作>

1.
ねんどをこねて好きな形にします。
自由な形にしてもいいですし、クッキーやチョコレートなど、製菓用の型やレジンクラフトで使用したモールドを使えばとっても簡単に可愛い形が作れます

ねんどを適当な大きさにちぎってこねます。
こねすぎるとねんどが乾燥してひび割れてしまうことがあるので、その場合は水を含んだ綿棒などで水分を少し足してあげてください。

2.
型にはめ込む前に、取り出しやすくなるよう型にオイルを塗っておきます。

気持ち強めに押し込むのがコツ。

型から外します。形が崩れないように注意してくださいね。

「左右に広げるようにする」のがポイントです。

3.
後で紐やリボンを通したい場合は穴を開けておきます。

アロマストーンは、クローゼットの中に引っ掛けておくのもGOOD!

ねんどは乾燥すると少し縮むので、通したい紐ぴったりではなく余裕をもった大きさで穴を開けておきましょう。

絵の具を混ぜて好きな色にするのもオススメです。

乾く前に粘土に混ぜ込むと、乾燥後に色が薄くなりほんのり色づきます。
乾燥後に色を塗ると、はっきりとした色づきに。

こんな風に、貝殻を器にして飾り付けするアレンジも可愛いです

4.
出来上がったら、1~2日乾燥させます。

乾燥したものをよく見ると、端がギザギザになっていたり余分なねんどがついていたりするので
やすりでキレイにしましょう。

これで完成です!

とっても簡単ですね

紐を通すとまた印象が変わります。
チャームにするのもいいかも

好きな香りのフレグランスオイルをたらして、ほのかな香りを楽しんでくださいね

<感想>

香りは時間が経つとともに消えてしまうので、消えたあとは違う香りのオイルを使うことができます。

本当にとっても簡単で、可愛く作れてびっくり!
小さな子どもでもねんど遊び感覚で楽しく作ることができてGOOD♪

石粉ねんどはそのままならマットな質感で、ニスをぬるとツヤッとした陶器のような質感に出来るので、アロマストーンのほかにもブローチネックレスキーホルダーにも使えそうです!

皆さんも、ぜひチャレンジしてみてください!
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

情報提供元

(株)日立ライフ 日立支店

(株)日立ライフ 日立支店

住所:
茨城県日立市城南町4-1-10Map
電話番号:
0120-029-488
営業時間:
10:00~17:00
休業日:
水・日曜日(リフォーム)
Webサイト:
https://www.re-life-club.jp/reform/

(株)日立ライフ ひたちなか支店

(株)日立ライフ ひたちなか支店

住所:
茨城県ひたちなか市石川町27-17Map
電話番号:
0120-611-620
営業時間:
10:00~17:00
休業日:
水・日曜日(リフォーム)
Webサイト:
https://www.re-life-club.jp/reform/

この記事を書いた人

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ