カーポート工事

2019年03月19日

 view

 

キーワード
エクステリア
カーポート
ガレージ
人感センサー照明
駐車スペース
子どもの成長にあわせて、カスタムするべきポイントはココ!

今回のご相談は、エクステリアについて。
大学4年生の息子さんと高校生の娘さん、ふたりのお子様がいるMさんご夫妻が、子どもたちの成長に合わせて住まいのエクステリアを一新します!

子どもの成長にあわせ、駐車スペースを増やしたい!

日立リアルエステートパートナーズ:
こんにちは。今回はエクステリア工事のご相談とのことですが、具体的にはどのような工事をご希望ですか?

Mさん:
駐車スペースを増やしたいんです。
現在、私と妻の2台分のスペースをとってあるのですが、息子がもうすぐ社会人になるのでもう1台停められるようにしたくて。ついでに、のび放題の植栽もキレイにできるといいなと思っています。

奥様:
最初はお庭も手入れしていたんですが、段々とサボり気味になってしまって…。この機会に、家の外回りをすっきりさせて、手のかからないお庭にしたいと考えているんです。

日立リアルエステートパートナーズ:
承知しました!それでは、3台分の駐車スペースを備えた、すっきり使いやすい外構プランをご提案させていただきます。
ところで、娘さんもいらっしゃるそうですが、お嬢さんの分の駐車スペースもいずれ必要になるのではありませんか?

Mさん:
そうですね…。可能性はありますが、4台分の駐車スペースを設置するとなると広さも予算も足りるかどうか…。

日立リアルエステートパートナーズ:
たとえば、アプローチを予備の駐車スペースにする方法もありますよ。現在だけでなく、将来も見据えてしっかりプランを練っていきましょう。

カーポートの屋根は必要?不要?

日立リアルエステートパートナーズ:
ちなみに、駐車スペースとひとくちに言っても、壁のあるガレージタイプや、屋根と柱で構成されたカーポート、屋根がなく土間コンクリートやタイルのみのタイプなど様々です。何かお考えのイメージはありますか?

Mさん:
ガレージは考えていなくて、家の前のスペースをカーポートにしようと考えています。花壇と生垣をつぶして、3台分の屋根付きの駐車スペースをつくろうと思っていましたが、先ほど提案してもらったように、4台停められるスペースが確保できればベストですね。

奥様:
私の車は軽で小さいし、4台停めるときは隅に寄せるようにするから、ちょっと広めの3台分で考えておけばいいんじゃない?それに、無理して屋根はつけなくてもいいわよ。屋根をつけると狭くなるだろうし、今も屋根なしだけど別に困ってないし。

Mさん:
でも、雨の日の買い物の時なんかは大変だろう。俺も、できれば車を雨ざらしにはしたくないし、やっぱり屋根はつけたいよ。

日立リアルエステートパートナーズ:
確かに、お車の大きさによっても必要なスペースは変わってきます。屋根をつければ柱の分だけ駐車スペースは減りますが、雨の日の乗り降りなど利便性は高まりますし、大切なお車を保護する意味でも屋根は大切ですよ。

広さもデザインも、自由に選んで理想のカーポートを!

日立リアルエステートパートナーズ:
カーポートの形状にも種類があり、両側に柱がある両側支持タイプは安定感があり、たとえば3台分の大きな屋根をつけることもできます。一方、柱が片側のみの片側支持タイプならスペースをより広くとることができ、見た目もすっきりします。他にも、後方支持タイプ片側吊りタイプがあり、それぞれ安定性やデザインが異なります。

Mさん:
屋根の形や素材も色々ありますよね。それぞれどんな特徴があるんですか?

日立リアルエステートパートナーズ:
はい、デザインの面では、アーチ屋根だとやわらかな印象になり、フラット屋根ならスタイリッシュな印象になります。屋根の素材は、金属板ポリカーボネートが主流で、金属板なら頑丈重厚感があり、ポリカーボネートは光を通すので圧迫感が少なく、色のバリエーションも豊富です。紫外線をカットしてくれるタイプもあるので、明るさを確保しつつ日光から車を守ってくれますよ。

奥様:
種類が多くて迷っちゃうわね。家の外観とのバランスも大切だし、大きさのイメージもぴんと来ないし、カタログを見ただけじゃ選べないわ。

日立リアルエステートパートナーズ:
柱の設置には、敷地の形状だけでなく既存配管の位置なども確認しなくてはいけないので、まずは現地調査をさせてください。そのうえで、広さだけでなくデザインも含めたご提案をさせていただくという流れはいかがでしょう?

Mさん:
ぜひ!よろしくお願いします。

住まいのリフォームと同じように、エクステリアも家族の成長やライフスタイルの変化に合わせて変えていくことが大切です。カーポートやガレージ工事と併せて、門扉やゲート、アプローチまわりもリフレッシュしてみてはいかがですか?
また、防犯カメラや人感センサー照明など、安心や安全を高める設備もおすすめです。

エクステリアのご相談は日立リアルエステートパートナーズのリフォームへ!
↓↓↓↓↓↓↓
「エクステリア(外構工事)」についてはこちらから
↑↑↑↑↑↑↑
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:リ・ライフ編集部

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。

ページの先頭へ