【coconara】ここならでは!の店みーつけた シルキーウェーブ

2017年12月25日

 view

 

ジャンル
おすすめスポット
エリア
水戸市
キーワード
coconara
農家
茨城県
白神山地
白神こだま酵母
生地
栽培
小麦粉
城里町産ブルーベリー
パン屋
シルキーウェーブ
ウィンナー
イオンモール水戸内原
かぼちゃ
食パン
一度は訪れてみたい茨城県の名店を紹介するココナラ。

今回は小麦の栽培から取り組む、農家のパン屋「シルキーウェーブ」。
自家製小麦や天然酵母の生地を使った、こだわりのパンをご堪能あれ。

自家製小麦で作る農家のパン屋

イオンモール水戸内原の近くにある田園地帯。
その中に佇む「シルキーウェーブ」は、代々この地で農業を営む農家のパン屋です。

店主の外岡清秀さんが「自家製の小麦でパンを提供したい」と、両親の協力を受けながら製パン用小麦の栽培をスタート。
約5年の月日を経て、ふんわり、ボリュームたっぷりの生地に仕上がる小麦「ゆめかおり」に辿り着きました。
そして2008年、念願の自家栽培、自家製粉した小麦粉を使ったパン屋をオープンしたのです。

パンには店の前にある畑で栽培された「ゆめかおり」と北海道の純国産小麦、世界遺産に登録される白神山地で取れた自然由来の「白神こだま酵母」を使用。添加物、卵、油脂類の使用を最小限に抑えた、風味豊かでモッチリとした食感が特徴です。

シルキーウェーブは数多くのパン生地を作っていることも自慢の一つ。
毎日、約10種類の生地を使った20種類以上のパンが並びます。仕込みは外岡さんがほぼ一人で手掛けているため、個人店としてはかなり多め。それには農家の店ならではのこだわりが。

「両親が丹精込めて育てた小麦粉を使っているので、生地本来の味わいを楽しんで貰いたいんです。なので、惣菜パンよりも、食事と合わせやすいシンプルなパンが多めなんですよ」。

外岡さんの田畑では、主に米や麦を作っていますが、もちろん野菜も栽培中。
店舗の裏には菜園があり、もぎたての野菜がパンのトッピングに使われることも。
店内はイートインスペースもあるので、ドリンクと一緒に焼き立てを味わうこともできます。

パン好きな方や安全な食を求める方、お子様からご年配の方まで、多くの人々に愛されるシルキーウェーブ。

これからもバリエーションを増やしながら、誰もが安心して口にできるパンを作り続けていきます。

自家栽培の野菜もパンに使用!

白神こだま酵母は安心の天然酵母

約10種類の生地を毎日仕込みます

01 食パン 380円
外はカリッ、中はフワッとした食パンは、どんな洋食にもマッチ!

02 ミニバケット 100円
粗挽きの「ゆめかおり」100%使用。小麦の風味がたっぷり!

03 かぼちゃのパン 320円
かぼちゃを練り込んだ、フワフワのパン。子育て世代に評判。

04 ウィンナーパン 210円
国産のウィンナーを使用。食べ応え十分の弾力ある生地が特徴。

05 クリームパン 140円
柔らかな白パンに茨城県産の卵を使った自家製カスタードがIN!

06 フルーツデニッシュ 320円

城里町産ブルーベリーの酸味や甘味を活かした人気のデニッシュ。

07 クロワッサン 280円
バター100%の生地が自慢。サクッとした食感がたまりません!


※表示価格はすべて税込です。
※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前に情報提供元等にご確認ください。

文:リ・ライフ編集部

この記事に対するリ・ライフ会員のコメント

この記事には0件のコメントがあります。
コメントはリ・ライフ会員のみが閲覧することができます。


関連記事

ページの先頭へ